BLOG

2019/08/01
salon dakota

髪がパサつく原因と改善方法とは?

髪の毛がパサついて、まとまりがないとお困りの方はいませんか?
今回は、髪の毛がパサつく原因と改善方法をまとめてみました。

■髪がパサつく原因
髪の毛がパサつく原因には、このような理由があります。
・髪が乾燥している。
・髪が栄養不足になっている。
・シャンプーが合っていない。
・生活習慣が乱れている。
・熱を与えすぎている。
・紫外線にあたり過ぎている。

■髪のパサつきを改善する方法
髪の毛のパサつきの原因に対して、このような改善方法があります。
・髪の毛の乾燥
髪の毛の乾燥は、表面のキューティクルが剥がれ落ちてしまっていることです。
トリートメントを使い、水分が髪の毛内部から蒸発してしまうのを防いであげましょう。
・栄養不足
食事の栄養バランスが不足していることで、髪の毛がパサついたり細くなったりしています。
普段の食事の栄養バランスを見直しましょう。
・シャンプーが合っていない
髪の毛がパサつく原因でシャンプーが合っていない可能性があります。
その場合、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーに変えられることをおすすめします。
・生活習慣の乱れ
寝る時間や食事のする時間がバラバラだったり、偏食だったり生活習慣の乱れが原因で髪の毛がパサついています。
その場合は、ご自身の生活スタイルを見直すことで改善されてきます。
・熱を与えすぎ
ドライヤーやアイロンで髪の毛に熱を与えすぎていませんか?
タオルドライを入念に行ったり、自然乾燥をしたり、髪の毛に熱を与えるのを控えましょう。
・紫外線に当たり過ぎ
紫外線に当たり過ぎている場合は、紫外線をカットすることを心がけましょう。
外出時は帽子を被ったり、日傘をさしたりなど、直接髪の毛に紫外線が当たらないように気を付けましょう。
髪の毛がパサついてしまう原因というのは、色々あることが分かりました。
でも、そのパサつきは普段のちょっとした心がけで改善していくことができます。
セルフケアで、いつでも潤いたっぷりのまとまりのある髪の毛を目指しましょう。

back