BLOG

2019/07/21
salon dakota

ノンシリコンシャンプーって結局何がいいの?

シャンプーに使用されている成分で、“シリコンシャンプー”と“ノンシリコンシャンプー”の2種類があります。
最近注目されているのが“ノンシリコンシャンプー”と呼ばれるタイプですが、結局の何が良いのでしょうか?
何となく使っているノンシリコンシャンプーのメリットについて、まとめました。

■ノンシリコンシャンプーとは
ノンシリコンシャンプーとは、シリコンが入っていないシャンプーのことです。
シャンプーに使用されている“シリコン”とは、人工に作られたものでケイ石を原料としています。
このシリコンは、成分表示としてはメチコンやシロキ、シリカ、ジメチコン、シクロメチコンなどと表示されています。
ノンシリコンシャンプーの場合は、これらのシリコンは成分に使用されていません。

■カラーリングやパーマがかけやすい
ノンシリコンシャンプーを普段使っている人は、髪の毛にコーティングができていないので、カラーリングやパーマをかけやすい髪質になっています。
シリコンは、髪の毛の表面にコーティングをしてしまいます。
なので、カラーリングやパーマをかける時にシリコンが邪魔してカラー剤やパーマ剤が入りにくくなります。
ノンシリコンシャンプーは、その逆でシリコンが邪魔することも無いので、カラー剤もパーマ剤もきれいに入ってくれるというメリットがあります。
ノンシリコンシャンプーを使用するメリットとして、シリコンが頭皮や髪の表面に付着することがありません。
よって、カラーリングやパーマをかけやすい状態の髪質を作ってくれるのです。

back